薬や化粧品では改善されない【大人ニキビの実態】

2020/09/28
「最近ニキビができた…ショック…お手入れしているのにどうして?」


「せっかくニキビ治ったのにまた出てきたよ~なんで?」


「治るまでこんなに時間かかるもの?跡が残ってる気がする…」


この記事では、大人ニキビで深刻に悩んでいる人向けの、有効的な改善策と今必要な優先的ケアを解説しています。


ヘアメイクを経て美容ブログを運営している私ですが、スキンケアマニアです。自分を実験台にしていろいろ試しています。そんな私が、大人ニキビについて解説していきます。


では、さっそく見ていきましょう。
 

もくじ


1. 薬や化粧品では改善されない
【大人ニキビの実態】
 1-1. 大人ニキビの4つの特徴と主な原因

 1-2. 【思春期ニキビ】と【大人ニキビ】の違い
 1-3. なぜマスクで肌荒れするの?


2. 夏~秋に【追加される3つの要因】が大人ニキビを深刻化させる
 2-1. 
大人ニキビを深刻化させる3つの要因
 2-2. 大人ニキビの種類と改善ケアの方法



3. 
まとめ:大人ニキビの根本的な問題点とケアの仕方

薬や化粧品で解決はできない【大人ニキビの実態】

大人ニキビの4つの特徴と主な原因

猛暑を乗りきり、夏~秋へと変わる時期に、シミ・くすみ・乾燥・しわ・たるみといった肌トラブルが多く出てくるのが秋のお肌です。実は、この中で見え隠れしているのが大人ニキビです。主な原因は、代謝が落ちるがゆえに起こる皮脂トラブルなのです。


大人ニキビの4つの特徴

① 繰り返す
・おもに顔の下の方(口回りとフェイスライン)にできる
・こめかみにできる → ホルモンのアンバランス
・頬にできる → 内臓疲労

 だいたい決まった場所にできる

③ 治るまで時間がかかる(一番の精神的ストレス)

④ 跡が残りやすい
 
ニキビの原因は正直たくさんあります。
ストレス、慢性疲労、体調不良 、ホルモン、生理前、食生活の乱れ、寝不足などです。


ニキビとは、毛穴の中で皮脂などの何かしらが詰まったり、炎症を起こしたりする皮脂トラブルのことを言います。そして、思春期にできるニキビと20歳以降にできる大人ニキビがありますが、どちらも皮脂トラブルであることは一緒です。が、思春期ニキビと大人ニキビの要因は全く逆であるということを覚えておいてくださいね。

【思春期ニキビ】と【大人ニキビ】の違い

【思春期ニキビ】
【思春期ニキビ】

思春期といえば、代謝が活発で過剰な皮脂分泌が特徴です。10代のころを振り返ると、ニキビに悩まされた方もいると思います。
私の場合は、そんなに悩んだ記憶というのはないですが、さっぱり系の洗顔フォームを使ってました(いろいろな洗顔フォームを試すのが楽しみでしたねw)
思春期の頃は、ある程度洗浄力の強いものを使ってもOK。殺菌・鎮静させることが大切です。

【大人ニキビ】

大人ニキビで悩まれている方に質問です。


・ニキビ用のさっぱり系を使っている?
・角質をしっかりとるものを使っている?
・洗浄力の強いものを使っている?

 
【大人ニキビ】
仮に、上記に当てはまるものがあった
とします。
結果、なにも変わらなくないですか?むしろ乾燥して治らないのではないでしょうか?


同じニキビといっても、思春期の頃は、代謝が活発で過剰に分泌されますよね。でも、大人になるとそれだけの代謝はない、活発ではないということはお分かりだと思います。代謝は下がり、皮脂の分泌量も下がります。


では、どういった要因があるのでしょうか?


年々、大人ニキビで悩まれている方は増加しています。なぜなら、女性の社会進出によるストレス社会が影響しているからです。


①ストレス
②慢性疲労
③寝不足
④ホルモンのアンバランス
⑤食生活の乱れ


など、肌荒れする原因は様々です。


さらに今年は、上記の5つの要因に【マスク】が追加され、大人ニキビとなる原因が揃っているというわけです。大人ニキビというのは、内面的要因がほとんどなのです。


お手入れ不足だけではない、大人ニキビの実態なんとなくわかってきたでしょうか。
こういったお肌のメカニズムを知り、どういったケアが適しているのか、どんなスキンケアアイテムが適しているのかをご紹介していきます。 

なぜマスクで肌荒れするの?

今年は、コロナ対策でマスクをするのが当たり前になりましたね。マスクをつけることによって大人ニキビや肌荒れにつながる原因の1つは、マスク内の湿度が高くなるからです。


「湿度が高いなら、肌には保湿効果があっていいんじゃないの?」思うかもしれません。


ですが、私たちにとって快適な湿度は50~60%と言われています。マスク内の湿度はこれを超えていて、肌を守る角層がふやけた状態になるのです。この状態でマスクを外すと、肌の水分量は急激に変化しやすくなります。


角層がふやけている(正常ではない)ので、肌を守るバリア機能が低下して水分が蒸散しやすくなるのです。いわゆるお風呂上りと同じ状態です。お風呂上りだと、すぐにローションで水分補給できますが、マスクを外すごとにローションはつけないですよね。


よって、肌が一気に乾燥してしまうのです。この乾燥が大人ニキビや肌荒れを引き起こす原因の一つなのです。


なぜ、乾燥が肌トラブルを引き起こすのか、ご自身のお肌のために知りたい方は、【35歳から始める】肌が綺麗になる最新のエイジングスキンケアの手順もご覧ください。


そして、夏場は皮膚温度が上昇し、汗や皮脂の分泌も増加します。過剰な汗と皮脂分泌がアクネ菌のエサになるので、今年は大人ニキビで悩む人が急増しているというわけです。

夏~秋に【追加される3つの要因】が深刻化させる

夏~秋に【追加される3つの要因】が深刻化させる

夏~秋に【追加される3つの要因】

猛暑を乗りきった今、お肌だけではなく体も非常に疲れています。なぜなら、体が冷えすぎて体循環が悪くなっているからです。


では、夏~秋に【追加される3つの要因】を見ていきましょう。

要因① 体の冷え(血行不良)

要因② 猛暑による代謝低下
要因③ 水分不足

 

要因① 体の冷え(血行不良)

【体の芯から冷える三大冷え】が引き起こす血行不良が大人女子にとっては天敵になります。


「体の芯から冷えるって冬じゃないの?」と思いがちですよね。NO!NO!夏が一番冷える季節なのです。


・冷房ガンガン
・冷たい食べ物、飲み物を摂りがち
・薄着(露出する範囲が広い)で冷房に当たる


いかがですか?全部あてはまりますね。まぁ、これはしょうがないことでもありますよね。


体が冷えていても、皮脂分泌は24時間止まることはないです。
本来正常な皮脂というのは、無色透明でサラサラしているのですが、体が冷えている人の皮脂の質は固くて、作られた段階で少しトロっとしている状態です。


そして、冷房で冷えた外気に触れて更に固まる → 毛穴に詰まる。
これが冷えによるニキビの原因なのです。白に近いニキビができます。

要因② 猛暑による代謝低下

冷房がガンガンに効いている屋内とおかしくなりそうな猛暑の屋外を行ったり来たり。この気温差でホルモンの働きがアンバランスになり、代謝も低下してしまうのです。


代謝が落ちるということはターンオーバーが低下します。
冷えて固まった皮脂で毛穴がふさがり、つまってできたニキビの上にどんどん角質がたまっていきます。    

要因③ 水分不足

肌が枯れているということです。なぜなら、猛暑でたくさん汗をかく割には、水を飲まない人が結構います。


「水分補給ちゃんとしてるのに水分不足なの?」と思うかもしれませんね。


確かにいろいろな飲料で水分補給はしていると思います。お茶だったり、アイスコーヒーだったり、アイスティーとか。これらは、利尿作用があるので、水と違って体外に出やすいのです。


大人になると、水分を抱えこむ力がなくなってくるので、最低でも水を1.5リットルは飲むようにしたいですね。


それから、乾燥しているのにニキビができるのは今年ならではです。【なぜマスクで肌荒れするの?】のところでも、マスクと肌荒れの関係に触れましたね。お肌を守るバリア機能が下がるため、防御反応が起きます。


「皮脂を出さないと乾燥する~ヤバい!」という指令が出て、過剰に皮脂を分泌させるのです。出てきた皮脂は酸化し、黒ずんで負のスパイラルにおちいってしまうというわけです。

大人ニキビの種類と改善ケアの方法

【大人ニキビの種類】

① 白ニキビ(閉鎖性ニキビ)
出口が詰まってできるニキビ

 黒ニキビ(開放性ニキビ)
あまりないパターンですが、放置すると詰まってるものが酸化して茶色くなって黒っぽくなり、毛穴も広がってくるニキビ

③ 赤ニキビ
毛穴の中で炎症が起きているニキビ

④ 黄ニキビ
化膿しているニキビ

 

大人ニキビ改善ケアの方法

大切なのは有効的な改善策を知ることです。
肌の中で何が起こっている?どうしてそれが起こっている?大人ニキビで悩んでいる方に今必要な優先的ケアはこれです。

白ニキビと黒ニキビの改善ケア方法

このニキビの場合は、1回のエステで改善が期待できるでしょう。詰まっているものを分解して毛穴の中をクレンジングする必要があります。角栓が頑丈な人、根深い人はエステが効果的です。


いったん、エステで毛穴をクリーンな状態にした方がよいかと思います。毛穴が詰まっても皮脂は分泌しつづけるので、放っておくと改善が難しくなります。


ですが、エステに行ったからといって治るものでもありません。根本的解決が必要です。市販の薬や化粧品だけでは解決できないです。
体の中のケアを同時にしていき、詰まる要素を取り除いていかないと繰り返してしまうのです。


常に体を温めることを意識した方がいいですね。
夏にこそ、お風呂に浸かって体を温めるのが有効的です。毎日じゃなくても、週に3日ぐらいはと思います。


私の場合は、溶岩ヨガに通っているので、毎日お風呂には浸かってないです。なんでかというと、溶岩ヨガは遠赤外線効果で、体の芯から温まり、その保温効果が3日続くといわれています。だから、ずっと体がポカポカしています。


お風呂に浸かるか、溶岩ヨガに通うか。あなたならどちらを選びますか?

赤ニキビと黄ニキビの改善ケア方法

エステは治療をする場所ではないので、できないこともあります。まずは、皮膚科に行って炎症を抑えることが優先です。


炎症が治まったら、エステに行って毛穴のクリーニングを行い、クレンジングを見直した方がいいと思います。


もし、クレンジング方法が間違っていたとしたら、少しずつ少しずつ、汚れが毛穴の溝の中につまり、更に皮脂も加わって汚くなり、炎症を起こしかねません。大人ニキビは早めにケアすることをオススメします。


ニキビの種類にかかわらず、大人ニキビで悩んでいる方は、汚れをしっかり落とせて、お肌に優しく、潤いを残せるクレンジングをしてるかが重要ポイントです。これがうまくいっていると、ニキビはできないです。


本当にクレンジングは大事です。クレンジングの仕方が気になる方は【肌がきれいになりたい人向け】美容習慣のまとめという記事のなかにある肌がきれいになりたい人向けの洗顔法を参考にしていただければと思います。

まとめ:大人ニキビの根本的な問題点とケアの仕方

大人ニキビとは、代謝が落ちているが故におこるトラブルです。自力で皮脂を排出できる力をつけることが根本的解決となります。そのためには、体を温めて体循環を良くすることが最重要ポイントです。では、まとめていきます。

① 体を温めて代謝を促進させ、自力で皮脂を排出できる力を上げる
② エステで毛穴の汚れをリセットしてもらう
③ ストレスを和らげるアロマを生活に取り入れる
④ しっかり汚れを落としつつ、潤いを残すクレンジングにする
⑤ 保湿で細胞自体の体力を上げ、バリア機能を取り戻す

 
女性の社会進出によって、多くの女性が大きなストレスを感じています。ストレスから身を守ろうとすると、毛細血管が縮こまります。毛細血管の働きが一気に低下し、血行不良で代謝が落ち、ホルモンのアンバランスにダイレクトに響きます。


なので、ストレスを和らげるために、ぜひアロマを生活に取り入れてみてください。香りは脳の奥まで行き届くのでリラックスできますね。


私の話で申し訳ないのですが、寝るときにラベンダーのアロマオイルを3滴ぐらい、ティッシュに垂らしたものを枕元において眠ります。めちゃくちゃ爆睡できますよ(#^^#)


翌朝「すごい深い眠りだったなぁ~」と思えるはずです。ぜひ、試してみてくださいね。


ではでは。またお会いしましょう♡