毛穴の黒ずみ・角栓で悩んでいる人の根本的な問題点は『低体温』です

2020/08/21
「毛穴の黒ずみが気になって、押し出してしまう…」


「洗顔した後はきれいになるけど、数時間経つとまた黒ずんでいる…」


「どうしたら角栓や黒ずみって取れるんだろう?改善方法はあるのかな?」


この記事では、毛穴の黒ずみや角栓づまりで悩んでいる人の根本的な問題点(インナードライ・低体温)を明確化して、改善・予防ケア(体温を上げること)を解説しています。


ヘアメイクを経て美容ブログを運営している私ですが、ちょうど1年ぐらい前から体温が美肌に大きく関わっていることに気づき、現在も体を温めることに重きを置いています。


今回は、エステオーナーに聞いた毛穴トラブルの全貌を紹介していきます。


毛穴は奥が深いので長くなります。最後までお付き合いいただければ嬉しいです(^^♪
では、さっそく見ていきましょう。
 

もくじ


1. 
毛穴の黒ずみ・角栓で悩んでいる人の根本的な問題点は『低体温』です
 1-1. 
毛穴トラブルの種類と原因
 1-2. 毛穴の黒ずみ・角栓づまりが起きる根本原因 


2. 夏肌と毛穴トラブルの関係
 
2-1. 
夏特有の毛穴トラブルの原因と解説
 2-2.【紫外線による皮脂の酸化】と【まちがったクレンジングや洗顔】
 2-3. 冷房(冷え)による皮脂づまり
 2-4. 冷房(冷え)による乾燥(キメの乱れ)
 2-5. 紫外線による真皮へのダメージ
 2-6. 気温上昇による皮脂分泌の活発化


3. 
毛穴の黒ずみ・角栓づまりの改善・予防ケア
 
3-1. 毛穴トラブルに悩まされている人は【体を温める】ことを習慣化する
 3-2. 毛穴トラブルの改善・予防ケア
        方法①:エステで毛穴ケアを受ける
          方法②:丁寧なホームケアをする

4. まとめ:毛穴の黒ずみ・角栓の根本的な問題点とケアの仕方

 

毛穴の黒ずみ・角栓で悩んでいる人の根本的な問題点は『低体温』です

35歳からでも肌が綺麗になれるスキンケアとは

まず、毛穴の悩みを根本解決するには、どういう仕組みで黒ずみや角栓ができるのか、どのような改善・予防ケアがあるのかを理解すべきです。



毛穴トラブルが起きる根本を分かっていないと、改善する前に諦めてしまったり、改善ケアの行動につながりにくいので、いつまで経っても毛穴トラブルに悩まされ続けるでしょう。

毛穴トラブルの種類と原因

開き毛穴

毛穴が開いて目立つトラブルです。
皮脂の分泌が活発なTゾーンに起こりやすいのが特徴。皮脂が過剰に分泌されたり乾燥や紫外線で肌のキメが流れてしまい、毛穴が広がって目立ってしまうのです。

ゆるみ毛穴

加齢や紫外線の影響で肌のハリが失われ、毛穴がゆるんで目立つようになるトラブルです。

つまり毛穴

まちがった洗顔・クレンジングやすすぎ不足から汚れが残っていたり、皮脂や古い角質が混ざり合ってできる「角栓」が、毛穴を詰まらせるのです。
また、冷房(冷え)によって皮脂が固まってしまい詰まったりします。

黒ずみ毛穴

紫外線による皮脂の酸化や毛穴に詰まっている皮脂が酸化して黒くなるトラブルです。また、まちがった洗顔・クレンジングからも黒ずみは引き起こされます。毛穴がポツポツと黒くなることが特徴 例)いちごっ鼻

毛穴の黒ずみ・角栓づまりが起きる根本原因

毛穴トラブルが起きる大元となる原因は『低体温』です。
→毛穴トラブルだけではなく、体やお肌全体の細胞の働きが低下します。


 
【体の低体温(冷え)が原因で皮脂がスムーズに排出されず詰まる】



毛穴からは皮脂が分泌されますね。その皮脂は365日24時間ずっと作られています。
少し信じがたいのですが、できたてホヤホヤの皮脂はサラサラしていて無色透明なんです。そして、毛穴に出る前の皮脂は黄色っぽくてトロっとしています。


ここからさらに詳しく、毛穴にまつわる体温のお話ししていきます。


体温が高い(正常)人の場合は、毛穴を通って表面に出てくるときに汗と混じって、お肌を守ってくれるベールを作ります。


一方で、体が冷えている人というのは、皮脂腺で皮脂が作られた時から、ちょっと固くてトロっとしているんです。さらにネバっとしていて黄ばんでいるので皮脂の質が違うというわけです。


イメージ材料として【ラード】を思い浮かべてみてください。


【ラード】って寒いところだと白くて固まりますよね。だけど温まると溶けてサラサラになります。私たちの皮脂もこれと同じようなことが言えるのです。


つまり、体が冷えていると体循環が悪いということになるので、血流や栄養も回りにくく、皮脂が出るスピードも遅くなるわけです。
その結果、皮脂づまりを起こし酸化して黒ずむのです。
 

夏肌と毛穴トラブルの関係

夏といえば、紫外線ダメージが強くなり、じりじり焼けるような暑さで毛穴のトラブルが増加します。

 
例えば、毛穴の開きや目立ち・つまり・ゆるみ・黒ずみなどです。


これらのトラブルは暑さに関連する環境によって引き起こされます。


・冷房による乾燥や外気の温度差からくる疲れ
・紫外線による酸化またはダメージ
・まちがった洗顔やクレンジングなどが要因になります。

 
もちろん、暑さだけではなく加齢も関係あります。


今回は、夏特有の原因と状態をしっかり把握して、解決策を知り正しいケアをしていきましょう。

夏特有の毛穴トラブルの原因と解説


1.紫外線による皮脂の酸化  黒ずみ

 

2.まちがったクレンジングや洗顔 → 黒ずみ・つまり

 

3.冷房(冷え)による皮脂づまり → つまり

 

4.冷房(冷え)による乾燥(キメの乱れ)→ 開き

 

5.紫外線による真皮のダメージ → ゆるみ

 

6.気温上昇による皮脂分泌の活発化 → 開き
 

【1.紫外線による皮脂の酸化】と【2.まちがったクレンジングや洗顔】はつながっています。ぜひ、セットで覚えましょう。


なぜ、皮脂が酸化してしまうのでしょうか?
まいにち朝晩、洗顔・クレンジングしますが、あなたのやり方はいかがでしょうか?
もしそのやり方が間違っていたら、皮脂が酸化してしまうのです。


すすぎ不足があったとします。毛穴のミゾやキメの中に、毎日ちょっとずつ汚れや洗顔・クレンジング料が残るので、それらが重なっていき、外に出た時の光線の強さによって、皮脂の酸化するスピードが早くなるのです。


どのようにクレンジングしているのか。ここが非常に重要になってきます。ちゃんとクリーンにしていれば、酸化による茶ぐすみはなくなるのです。
 

3.冷房(冷え)による皮脂づまり

体が冷えると体循環が悪くなるので、皮脂が出ずらく毛穴につまります。このつまったものを【角栓といいます。これが酸化して黒ずみにつながるのです。


低体温化が進んでいるため、皮脂づまりを起こして毛穴がダラーんとだらしなくなっている方の割合はけっこう多いです。


女性は生理のサイクルもあり、働く女性も増えてストレス社会ともいわれていますね。このストレスが、皮脂の分泌量を増やすのです。角栓づまりを起こし黒ずみに変わる仕組み。人によってはニキビになったりします。


ストレスを完全になくすというのは、現代において難しいですが、なるべく低ストレスになる環境作りをおすすめします。私の場合は、ホットヨガにいきストレスを感じない時間を作っていますよ(#^^#)

 

4.冷房(冷え)による乾燥(キメの乱れ)

【もっとも恐るべき夏の3大冷え】


1.冷房ガンガン

2.薄着になり冷房

3.冷たい飲み物・食べ物




体が冷えまくり。1年間の中で最も体が冷えている季節が夏といわれています。


きれいな肌というのはキメが整っているから。キメ1個1個が膨らんでいて、左右交互にあることで毛穴を支えていて、毛穴が引き締まった状態のことをキメが整った肌といいます。


冷房による潤い不足が続くと、一つ一つのキメがしぼみ、ふっくらさがなくなります。キメが流れてるように見えるので、毛穴が開いたように見えてしまうというわけです。

 

紫外線による真皮へのダメージ

雑誌などでは毎年、紫外線ケアの特集が組まれるほど、甘く見てはいけないものなのです。紫外線というのは肌の奥まで余裕で入りこみます。


そして、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンを、はさみでチョキチョキ切るように、容赦なくダメージを与えてきます。


結果的に老化スピードが早まるのです。


詳しくまとめた記事があります。わりと有益な内容になってますので気になる方はコチラもご覧ください 【肌がきれいになりたい人向け】美容習慣のまとめ

 

6.気温上昇による皮脂分泌の活発化


皮脂分泌の活発化は、思春期の子に多く見られる症状ですが、大人になると、この状態からトラブルになります。


一日中オフィスにいるし、冷房は手放せないですよね。乾燥するので肌が固くなり、代謝も落ちて血流も滞ります。


乾燥すると、肌力が低下するため保水力も下がるので、肌の内側はカラカラ状態。乾いているから肌を守るために皮脂分泌が活発化する…
角質が重なってるところに皮脂がつまる。これが大人ニキビになるのです。


脂性肌と思っているの方こそ、乾燥肌の可能性が高いので、どんな洗顔をしていてどんなクレンジングしているのかが非常に重要です。

 

毛穴の黒ずみ・角栓づまりの改善・予防ケア

毛穴トラブルに悩まされている人は【体を温める】ことを習慣化する

改善できる最重要ポイントは【体を温める】です。なぜなら、冷えた体では体循環が悪く、どんなに優れた化粧品を使ったとしても浸透しずらいからです。コストだけがかかります。


冷房で体が冷えている夏こそ、湯船につかり体を温めるのが非常に重要です。
どんなに手足が温かくても、内臓が冷えている日本人は約6割いるそうです。


特に、つまり・黒ずみ・ざらつき・ニキビが気になっている方やインナードライ肌の方は体の冷えを改善してください。


このサイトでは何度も言っていますが、体の冷えは毛穴トラブルだけでは収まりません。他の肌悩みにもつながっていきますし、便秘にもかかわってきます。なので、体を温めることは美容と健康の根本と言えますね。



肌に必要な油分や水分を保つには温かい体という土台が必要です。日々のスキンケアでお肌に与えるのも重要ですが、それが浸透する土台がなければ全く意味はないのです。

 

毛穴トラブルの改善・予防ケアとは

体を温めることを前提に2つの方法を解説します。

方法①:エステで毛穴ケアを受ける

方法②:ホームケアを丁寧にする
 

この方法①は、今すぐにどうにかしたい人向けです。まずはプラマイゼロのお肌にすることが大切なので、プロの手にゆだねた方が確実です。


また、やっかいな毛穴の黒ずみに悩んでいる人もエステがおすすめです。


エステに行く場合、次のようなケアがエステコースに入っていれば望ましいです。(毛穴コースがあったらおまかせしましょう)

 

方法①:エステで毛穴ケアを受ける

クレンジング機器を使ったディープクレンジング(プロなら、潤いをとらないで、余分な皮脂を取ってくれます


汚れを取った後でも、毛穴が目立ち、毛穴が茶色くなっている人というのは、毛穴の奥に角質が厚く重なっているので、通常のクレンジングで取るのは簡単ではないです。
なので、クレンジング機器を使ったエステコースを受けるとちゃんと取ることができます。



マッサージ・・・マッサージをすると肌が柔らかくなり、皮脂腺の働きが正常に戻ってくれます。血行も良くなり水分や栄養が回りだすため、しおれたキメがふっくら戻ってきます。
また、分泌された皮脂がきれいに広がり、きれいな皮脂膜を作ってくれますし、美容成分の浸透率も高まります。
※脂性肌の方ほどこそマッサージで肌質は変わりますよ。



イオン導入、ポレーション(保湿して肌の奥までしっかり届ける)


・マスク

 

方法②:ホームケアを丁寧にする

・ディープクレンジング
自宅でお手軽にできるディープクレンジング
週1回ペースで、入浴する前にクレンジング → 入浴して肌が柔らかくなった後に再度クレンジングをするとディープクレンジング効果が得られます。


クレンジングの種類はたくさんありますね。
お肌に合っていればどんなものを使っても構わないです。ただし、ケチらず規定量使いましょう。


すすぎ】ここ大事です。
エステオーナーいわく、多くの方は平均10回ぐらいしかすすいでいないとのこと。
推奨は30回です。


どんなに優れたクレンジング料でも、すすぎの量が足りなかったら毛穴がつまります。まちがった使い方をしていれば、毛穴トラブルにつながりますよね。
いまいちど、質・量・どんな方法・どんな力加減・すすぐ回数を見直してみてくださいね。



・美顔器でイオン導入やポレーション


・抗酸化効果のある化粧水(毛穴の中が色素沈着している人は、抗酸化ローションは必須)

※毛穴を引き締めるには、コットン使いをおすすめします。コットンを化粧水でひたひたに浸して、下から上にパッティングすると引き締め効果が得られます。


・保湿とプロテクト
肌の柔軟性を保つ意味でもクリームで保湿ケア。そしてUVケア

寝ている時よりも、日中のほうが乾燥しているので、夏の朝のスキンケアのクリームは重要視した方がいいです。

 

まとめ:毛穴の黒ずみ・角栓の根本的な問題点とケアの仕方

以上、毛穴の黒ずみ・角栓の根本的な問題点とケアの仕方をまとめました。


化粧品でかんたんに改善できるなんて幻想です。大切なのは日々の積み重ねです。ちゃんと継続していれば、結果はついてきます。


美容に限らず、あらゆることに共通するのではないでしょうか。
すべては丈夫な土台があってこそです。


 

まとめポイント


・毛穴の黒ずみ・角栓づまりが起きる根本原因は【低体温】


毛穴トラブルを改善するには、【体を温める】ことを習慣化すべき


・重要な毛穴トラブルの改善・予防ケア

【方法①】体を温めた前提でのエステケア
 ◆ディープクレンジング
 ◆マッサージ
 ◆イオン導入
 ◆ポレーション
 ◆マスク 

【方法②】体を温めた前提での丁寧なホームケア
 ◆週1ペースのディープクレンジング(すすぎ30回推奨)
 ◆美顔器の使用
 ◆抗酸化ローション(コットン使い)
 ◆クリームでの保湿
 ◆UVケア


ここまで読んでくださってありがとうございました。
体を温めると体調も良くなります。私もかなり意識して変化を楽しみながら実践してます。
少しずつ結果が出てきますので、ぜひ楽しみながら実践してみてくださいね!(^^)!

 
合わせて読みたい
【35歳から始める】肌が綺麗になる最新エイジングスキンケアの手順

35歳を迎えてから、急に肌の老化が気になりだしていませんか?
この記事では、35歳からの肌がきれいになるスキンケアの手順をまとめつつ、アンチエイジングケア商品を紹介しています。

「いろんな情報がありすぎて、いったい何を選んだらいいのかわからない。でも、きれいな肌になりたい!どうしたらいいの ?」と悩んでいる方は、ぜひ記事をご覧ください。