【肌がきれいになりたい人向け】美容習慣のまとめ

2020/07/29

肌がきれいになりたい人


「自分なりに努力してるつもりだけど、肌荒れが治らなくて気になっちゃう…」
「肌に負担かけたくないから、ファンデーションとかあんまりつけたくないなぁ。でもファンデーション塗らないと、肌が汚いし…肌がきれいになるって難しいのかな…」


こんな疑問にお答えしていきます。

 

もくじ


1. 肌がきれいになりたい人だけのポジティブループ 

2. 肌がきれいになりたい人が実行している美容習慣とは
 
2-2.洗顔法
 2-3.紫外線対策
 2-4.生活習慣
 2-5.食習慣
 2-6.睡眠習慣

3. 肌がきれいになりたい人の習慣化するコツとは

4. 肌がきれいになりたい人向けの美容習慣のまとめ 

 
参考までに、私の習慣リストです。

・朝起きたらコップ1杯の常温水
・月曜~木曜の午前中にホットヨガ
・週2~3回、美顔器でホームエステ
・腸内環境を意識した食事
・水1.5リットルを飲む
・7時間睡眠
 
今はこれぐらい習慣化できていますが、怠けもの精神がハンパなかったので、とても苦労しました。なんども怠けては、再チャレンジの繰り返しでした。
そんな経緯から、習慣化するコツを見つけたので、記事の後半で共有したいと思います。 

肌がきれいになりたい人のポジティブループ

肌がきれいになりたい人のポジティブループ
私たち女性は、10代・20代・30代・40代とそれぞれの年代で、それぞれの肌の悩みがあり、その悩みを解決するためにいろいろな情報をゲットしたり、お肌に投資したりしていると思います。


やっぱりキレイな肌でいたいと願うのが女性ですよね。つねに綺麗になりたいと思っているのが女性です。


肌がきれいになると、シンプルに嬉しいです。
その嬉しさをもっと味わいたいから、さらに努力して、メイクやヘアアレンジを楽しむようになるのではないでしょうか。


さらに、仕事・恋愛などにも積極的になり、楽しさが増していき、ポジティブループに入っていくのだと思います。


一方、肌のことで悩んでいたら、まず気持ちがポジティブになりにくいですし、本当はメイクを楽しみたいけど、気持ちがそこまでいかないかもしれません。


肌の悩みに関しては、さまざまな要因が考えられますが、肌を綺麗にしたいと思ったら、まずは根本部分を見直してみてはいかがでしょうか?
毎日のスキンケアをはじめ、食生活や規則正しい生活を送れているかという基盤が大事だと思います。 

肌がきれいになりたい人向けの美容習慣とは?

肌がきれいになりたい人向けの美容習慣とは?
肌がきれいな人は、何かしら習慣にしていることがあるはずです。
たまに「なにもしていないよ」と答える方もいますが、無意識でしているか秘訣を言いたくないのかもしれません。
必ず何かしていると思います。


では、さっそく肌がきれいになりたい人向けの美容習慣を、順番にみていきましょう。 

肌がきれいになりたい人向けの洗顔法

【必須】こすらない洗顔。

クレンジングや洗顔時に、意外とこすり洗いしている女性がおおいという事実があります。
無意識でこすり洗いしてしまっているのかもしれません。


ご自身の洗顔を思い出してみましょう。
いかがでしょうか?


「でも多少、こすらないとメイク汚れや皮脂汚れが落ちないんじゃないの?」と思う方もいると思います。


たしかに、多少こすり洗いした方が汚れが落ちるというイメージがありますね。ですが、肌の潤いを保つには、ある程度の皮脂が必要なのです。


規定量の洗顔料で、肌表面の汚れは十分に落ちるようにできていますので、心配しなくても大丈夫ですよ(#^^#)


では、余分に皮脂をとりすぎてしまうとどうなるのでしょう?


→ 皮膚が傷つき、キメが乱れて、お肌を守るバリア機能が崩れてしまう 

 乾燥肌になる 

 お肌を守ろうとして、過剰に皮脂を分泌される

 テカる


とても恐ろしい勘違いを引き起こしてしまいます。
なぜなら、肌が乾燥しないように守ろうとして、皮脂が分泌されるのに、それを「私は脂性肌なんだ…」と勘違いしてしまうというケースです。


そんな風に感じる方は、実は脂性肌ではなく、すでにお肌の乾燥を引き起こしているのです。


それから、流すときも35℃以下の水温で流すことが鉄則です。


 36℃以上のお湯で流すと、必要な皮脂も流れてしまうので、乾燥肌の原因になります。


まずは、こすらない洗顔で本来の肌力を取り戻しましょう。
 

肌がきれいになりたい人向けの紫外線対策

日焼け止めクリームは年中ぬっていますか?

ぬっていないという方は、日差しが強い・弱いにかかわらず一年中ぬるようにしましょう。


なぜなら、紫外線というのは余裕で肌の奥まで入りこみます。


そして、肌のハリや弾力に欠かせないコラーゲンを、はさみでチョキチョキ切るように、容赦なくダメージを与えてきます。


結果的に老化スピードが早まるのです。


【要注意】くもり=紫外線が弱いではないです。


窓からも紫外線は入ってきます。
くもりの日も家の中にいるときも、毎日のスキンケアの一環として、一年中ぬりましょう。 

肌がきれいになりたい人向けの生活習慣

肌がきれいになりたい人向けの生活習慣
【重要】体を冷やさないこと
なぜなら、体を冷やしてしまうと体の循環が悪くなります。


→ 栄養が流れにくくなり、酸素が届きにくく、老廃物が排出されにくくなります。
 

体を冷やさない具体例

・毎日、お湯につかって体を温める

・ホットヨガに通う

・起き抜けや寝る前に常温のお水を一杯(白湯のほうが好ましい)
 
ホットヨガには2種類あります。
一般的に、ホットヨガと呼ばれているものは、加湿器や暖房で空調を整えている室内で行うヨガ。


もう一種類は、溶岩ヨガです。
こちらは、溶岩プレートを温めて室内を温かくしており、マイナスイオンが放出され、遠赤外線の力で体の深部から温めてくれるのです。


個人的には、溶岩ヨガをオススメします。


理由としては、


・毎日入浴しなくていい(保温効果があるため)
・やせやすい体になる
・体が冷えない
・姿勢が良くなる
・インナーマッスルが鍛えられる


一石五鳥だからです。


1レッスン受けると、基礎体温が上がり代謝率が13%上がるので、やせやすい体になります。


また、基礎体温も3日ほど保温されるので、冷え性改善にもなります。 

肌がきれいになりたい人向けの食習慣

腸内環境を意識した食材をコンスタントに摂り入れることをオススメします。 

・大豆製品 → 豆乳・豆腐など
・食物繊維 → きのこ・ごぼう・アボカドなど
・乳製品 → ヨーグルト・チーズ
・発酵食品 → 納豆・キムチ・みそ汁など
・海藻 → ひじき・もずく・わかめなど
・水 → 1日最低でも1.5リットル以上(水分が足りないと便が固くなります)
 
常に、このような食品を意識しながら、レシピを考えてみましょう。


肌トラブルは、内臓からのSOSサインでもあります。腸内環境がよくなってくると、肌力が向上してきますので、チャレンジしてみる価値は高いです。 

肌がきれいになりたい人向けの睡眠習慣

【事実】
肌のゴールデンタイムは「入眠後3~4時間」


この間に【成長ホルモン】が分泌され、疲れたところを修復してくれて、体力をチャージしてくれます。
理想の睡眠時間は7時間。


リラックス効果も大切なので、私はヨギボーの抱き枕がほしいです。 

肌がきれいになりたい人向けの美容習慣を習慣化するコツとは

肌がきれいになりたい人向けの美容習慣を習慣化するコツとは
ここまで話すと、「なんだかやることいっぱいで、自分にはそこまでできないかも・・・やっぱり肌をきれいにするのって難しいのかな…」と思うかもしれないですね。


そんなことはありません。


わたしの体験談で申し訳ないのですが、現在の習慣リストを習慣化するのには何年もかかっています。


なんせ、もとが怠けものですから。
ですが、いつまでも美意識を持ち続けていたいという気持ちが、いつもあったので、怠けてはチャレンジの繰り返しでした。


そんな経緯の中で、習慣化できたコツをご紹介します。


とてもシンプルなのですが、【セットで行う】です。
例えば、【朝起きる + 常温の水を一杯のむ】


「え?そんなシンプルなことなの?」と思うかもしれません。


ですが、わたしたち人間は感情で生きているので、「今日ぐらいいいよね?」と自分を甘やかしたくなるときもあります。
負けちゃダメです。
どれか一つでいいです。


まずは、できそうなタスクをセット化して、ゆるくはじめる。
そして続けることが習慣化するコツです。


※3週間継続することで習慣化するといわれています。 

肌がきれいになりたい人向けの美容習慣のまとめ

肌がきれいになりたい人向けの美容習慣のまとめ

・【必須】こすらない洗顔。
・日焼け止めクリームは年中ぬる
・体を冷やさない
・腸内環境を意識した食事をする
・睡眠時間は7時間が理想
 
あまり意気込まない方がいいです。
ポイントは、ゆるく始めて継続するです。
ぶっちゃけ、休みたくなったら休めばいいと思います。
一つづつクリアしていけばいいのだから。 
合わせて読みたい
【35歳から始める】肌が綺麗になる最新エイジングスキンケアの手順

35歳を迎えてから、急に肌の老化が気になりだしていませんか?
この記事では、35歳からの肌がきれいになるスキンケアの手順をまとめつつ、アンチエイジングケア商品を紹介しています。

「いろんな情報がありすぎて、いったい何を選んだらいいのかわからない。でも、きれいな肌になりたい!どうしたらいいの ?」と悩んでいる方は、ぜひ記事をご覧ください。